スタッフ募集中、セール開催中

前澤社長の100万円は当たりませんでした!!

 

さて絶賛セール開催中です。

オンラインストアでも開催しているので、こちらもごらんください。

maidens.shop-pro.jp

で、フライング情報配信になっちゃうんですが、原宿のMAIDENS SHOP、日比谷のwell-made by MAIDENS SHOPともに土曜日からファイナルセールってことで、セール商品追加+@ありますんで店頭にも来てください。

で、もう一つお知らせです。
現在原宿のMAIDENS SHOPでは一緒に働いてくれるスタッフを募集しております。

f:id:hynm_maiden_company:20190109143303j:plain

詳細は下記リンクよりご確認を。

RECRUIT | MAIDENS SHOP | メイデンズショップ

洋服が好きな方、接客が好きな方、原宿が好きな方歓迎!
メールにて問い合わせくださいませ。

平沢

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

 

 

伝統×革新とウィンターセール

あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

さて、前回のブログでも紹介しましたが、James Coward×Tricker'sが明日より発売となります。

maiden-company.blog.houyhnhnm.jp

 

フイナムのニュースでもご紹介していただきました。こちらもご覧下さい。

www.houyhnhnm.jp

 

そして発売と同時に明日からMAIDENS SHOPではセールを開催致します。

f:id:hynm_maiden_company:20190104145011j:plain

MAX60%OFF!半期に1回の感謝祭です。ボーナス、お年玉、年末調整で返金されたお金を投入するチャンス。私は嫁に怒られるので貯金です( *´艸`)

 

去年の後半から突如ブログを再開しましたが、今年はちゃんと書いていこうと思いますので、読者の皆様、フイナム編集部の皆様どうぞ宜しくお願い致します。

平沢

 

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

 

日本ではMAIDENS SHOPのみで販売です。James Coward×Tricker'sのRobert Derbyが19年1月5日発売です。

花見とか忘年会ってのは花を見るとか忘年というのは大義名分でございまして、ただ酒をみんなで飲むといのが目的でございます。

 

酒は飲んでも飲まれるな。なんてのは良く言ったもんで、世のお父様方もほどほどに楽しんでくださいませ。

 

さて、原宿のMAIDENS SHOPは本日が年内最後の営業となります。
1月4日までお休みいただき、年始は1月5日(土)より営業開始+Autumn&Winter Saleがスタートいたします。

休みが長いと言われますが、むしろ他のお店さんの休みが短いのです。年末年始ぐらい休みましょうよ。

なんて言っておりますが、日比谷のwell-made by MAIDENS SHOPは31日18時まで営業、年明け1月2日より初売りとなります。

ミッドタウン様来年はせめて大晦日と三が日くらいは休んではいかがでしょうか?

で、本題ですが原宿のMAIDENS SHOPではセールスタートと同日、1月5日より限定商品を販売いたします。

f:id:hynm_maiden_company:20181226111600j:plain

今年の春に発売し、瞬く間に完売したJames Cowardの新作を1月5日に販売します。

フイナムさんでも何度かご紹介頂きました。

www.houyhnhnm.jp

www.houyhnhnm.jp

 

今回発売するのはTricker'sの代表的なモデルである“Robert Derby”をベースにしたJames Cowardの別注モデル。
260以上の工程を経て作られたスペシャルメイドの作品です。
アッパーにはヘビーウェイトのフルグレインカーフレザーを使用し、レザーインソール、丈夫なコマンドソールが特徴。
通常のRobert Derbyでは無いアイレット付きのレースホールもポイントになっています。

f:id:hynm_maiden_company:20181226112059j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181226112046j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181226112124j:plain

ウェア同様日本では当店のみの販売となります。

Tricker'sとのコラボということで、品質は言わずもがなです。
ウェアのコレクション同様無駄のないシンプルなデザインの中に、力強さというかデザイナーのジョセフとダニエルの信念が込められたスペシャルなシューズです。

ちなみにウェアの新作も3月ごろに入荷予定!そちらは入荷次第ご紹介します。

 

ということでセールとともにこちらも見に来てください。

 

TRICKERS FOR JAMES COWARD Robert Derby
価格 75,000+TAX
発売日 19年1月5日
日本ではMAIDENS SHOPのエクスクルーシブ商品となります。

平沢

 

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

クリケットセーターは好きだけどクリケットの試合は見たことがない

前回のブログでパンクが気分だと書きました。
もちろん本当ですが、この秋冬はパンクだけでなく、イギリス的スタイル全般が気分だったりします。トレンド的にもタータンチェック流行ってますし、そう言う気分の方多いと思います。

 

昨年から引き続きって感じもありますが、今年はよりスクールっぽい感じがいいかなって思います。で、久々に着たくなったのがクリケットセーター。

 

可愛い感じになるのがどうも苦手だったんですけど、パンクの気分も合間って、レザーのパンツとかボンテージとか男っぽい物にクリケットセーターなんて合わせると可愛いとかっこいいでバランスいいんじゃないかなと。

おっさんが可愛いがどうのこうの言ってるのもモイキーですが、そこはスルーしていただいて、とにかくそんな気分でしたのでイギリスの老舗ニットメーカーCorgiに別注でクリケットセーター作ってもらいました。

f:id:hynm_maiden_company:20181213201448j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181213201506j:plain

クリケットセーターと言えばオフホワイトのボディに、襟のラインは赤や青ってのが定番ですが、今回は男っぽい服にも合うように配色はシンプルにしてます。

 

その名の通りクリケット選手が着ていたセーターが語源ですが、チルデンセーターとかも言ったりしますね。ちなみにチルデンセーターの語源はアメリカのテニス選手、チルデンさん。

で、クリケットセーターとチルデンセーターは厳密に言うと同じようで違うもの。

 

チルデンさんはテニス選手と書きましたが、クリケットセーターとは別にテニスセーターと言うものがあります。テニスセーターは見た目はほぼクリケットセーターと一緒ですが、厳密に言うと丈の長さが違います。

 

で、さらに言うと競技としてはクリケットの歴史の方がはるかに古いので、テニスセーターはクリケットセーターがテニス用に改良されたもので、チルデン選手がテニスセーターを着用してプレーしたことで、あのセーターかっこええやんと巷で人気になり、そこからチルデンセーターと呼ばれるようになったと言うことですね。

 

 

こちらの別注は配色はもちろんなんですが、サイズ感も細かく指定しています。
あくまでもトラディショナルな雰囲気は残しつつ、今の気分に合うようにサイズも修正しています。

 

かなり細かくいじっているので、詳細は割愛しますがばっくりいうと古着のニットで少し伸びちゃって身幅が広くなっている。的な絶妙なサイズ感を目指しました。

 

で、さらに昨年人気だったボタン留めのマフラーも作っています。

f:id:hynm_maiden_company:20181214141933j:plain

これまたかわいい。襟みたいにして使ったらいいでしょう。

 

 男女兼用で使えるデザインなので、クリスマスプレゼントにもおすすめです。

 

どちらも明日15日土曜日よりMAIDENS SHOPにて販売開始いたします。
詳細はお店までお問合せくださいませ

 

平沢

 

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 

EVENT INFORMATION‟AMERICAN DAILY NECESSITIES STORE“ 商品紹介

柳です。

平沢さん、何発目やめたんですね。

ナチュラルに便乗してました。

f:id:hynm_maiden_company:20181213114159j:plain

 

前回のブログで紹介した、USONIAN GOODS SOTREのイベント、“AMERICAN DAILY NECESSITIES STORE”の商品が届きましたので、イベントに先駆けてご紹介したいと思います。

 

f:id:hynm_maiden_company:20181213113635j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181213113653j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181213113707j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181213113723j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181213113738j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181213113756j:plain

写真はあくまで展開の一部なので、写真以外の商品もご用意しています。

イベントは今週末土曜日からです!ご来場お待ちしております。

※商品の紹介はUSONIAN GOODS SOTREのブログでも確認いただけます。

 

usoniangoodsstore.blogspot.com

 

憧れのパンクロックとThe Old Curiosity Shop

こんにちは平沢です。あ、タイトルの何発目ってのはめんどくさいので前回から辞めました。

 

さて、突然ですが皆さんジョンムーアというデザイナーを知っていますか?

 

ジョンムーアはイギリスのコードウェイナーズ大学卒業後の1987年、ロンドンにクリストファーネメスと共にロンドンストリート史に語り継がれる”ハウス・オブ・ビューティ・アンド・カルチャー”をオープン。

イーストロンドンの外れにあるスタンフォードに隠れ家的に作ったショップで、名だたるデザイナーから新人アーティストまでが足蹴く通う伝説のショップとなる。

ジョン・ムーアヴィヴィアンウエストウッドコンサルタントや、ジュエリーデザイナーのジュディブレイムとのコラボレーションなどで一躍有名になり、80年代ロンドンのアンダーグラウンドファッションを牽引してきたデザイナーの一人と言えます。

しかし1989年に薬物の過剰摂取により若くしてこの世を去ってしまう。
彼のデザイン・思想に影響を受けた靴デザイナーは世界中に多数おり、なかでも直弟子であったイアンリード、その友人であった木村大太は彼の死を哀しみ、ジョンの作った木型を永遠不滅のものとして、後世に伝えるための活動を起こしました

 

この文章でジョンムーアというデザイナーがロンドンファッション業界の伝説の一人であったことが分かると思います。

 

なぜジョンムーアの話をしたかと言いますと、今年の6月、ロンドン出張の際にジョンムーアの意思を受け継ぎ、彼の名作であるHog Toe shoes , Bump toe shoesを今でも製作している木村大太氏のお店"The Old Curiosity Shop"に行ってきたからなんですが、ただ行ってきただけじゃございません。オーダーしてきちゃいました。

 

商品の話をする前に、The Old Curiosity Shopに行った理由があるので少し話したいと思います。


今イギリスのロックカルチャー、特にパンクだったりのファッションが熱い。と個人的に思ってます。というか20代前半の時に好きだったカルチャーが最熱してるって感じ。


ある程度歳を重ねて、いろいろなファッションを通ってきたからこそ、若いときに好きだったカルチャーを、今の自分のスタイルに取り入れられるんじゃないかなと。

 

70、80年代そして90年代初頭のイギリスはパンク・ポストパンク~ニューウェーヴの様々なバンドが登場し、カルチャーもファッションも新しいものが生まれた個人的に一番面白いと思う時代。

 

ですがそんな面白い時代は、30代前半の僕には実際あまりリアルじゃないんですよね。

 

カルチャーが生まれたその時代、70年代のヴィヴィアンはもちろんですが、80~90年代前半に活躍したジョンムーア、クリストファーネメスもリアルタイムで見てきたわけじゃない。

 

ネットで情報は追えても、やっぱり現地でモノを見たり、感じたりするのには勝てないんですよ。

 

時代は進んでてもその土地に根付いてるっていうか、残っている伝説的なデザイナーの匂いを少しでも感じ、それを知ることでより新しい提案もできるんではないかと思ったのです。
音楽的カルチャーから入った興味ですが、それが結局洋服につながってきちゃうのは職業で洋服屋やっているからだけじゃなくて、男ってカルチャーありきのファッションが好きじゃないですか?見た目だけじゃない奥行きみたいなものを感じるんですよね。

 

そういうテンションもあって、今でもジョンムーアの靴を受け継いでいるThe Old Curiosity Shopには仕事という意味ではなく、個人的に行かなければならないと思ったわけです。

 

f:id:hynm_maiden_company:20181211171212j:plain

こちらの店舗は1500年代の建物をそのまま使用しています。ロンドンの中心地、商業施設やオフィスビルが立ち並ぶ中でひときわ異彩を放っていました。

 

で、実はここで個人的に靴を買おうと思っていたんですが、木村さんとお話させていただいている中で、お店をやっているということを伝えると展示会やるから来てくださいと誘っていただけたんです。

 

当店で取り扱うなんてことは思ってもいなかったんで、誘っていただけることだけで有難いというか、驚いたというのが本音。やっぱり現地に行ったことに意味がありました。

 

そして念願のオーダー品がついに入荷してきました。

f:id:hynm_maiden_company:20181211174252j:plain

ジョンムーアの木型を受け継ぎ、木村氏がハンドメイドで作製した"Hog Toe"
まさに時代を超えた傑作シューズです。

f:id:hynm_maiden_company:20181211174449j:plain

 

f:id:hynm_maiden_company:20181211174502j:plain

スパっとカットされたようなトゥのデザインは唯一無二の存在感。
パンキッシュなデザインと、手仕事の匠の技が融合した伝説的靴でございます。

f:id:hynm_maiden_company:20181211175840j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181211175854j:plain

イギリスには伝統的な革靴ブランドが多数ありますが、ファッションシューズというジャンルで歴史を作ったのはジョンムーアであり、その歴史はThe Old Curiosity Shopの木村氏によって受け継がれています。

そして今回は靴以外にもTシャツも入荷しています。

f:id:hynm_maiden_company:20181212135305j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181212135332j:plain

これも僕の気分にぴったりマッチしちゃってます。


上はThe Cureロバート・スミス、下はThe Jesus and Mary Chainジム・リードをデジタルコラージュで表現。両名を知らなくてもデザインとしてイケてます。

 

80~90年代前半のロンドンのカルチャーがここにはまだ残っています。

 

シューズ、Tシャツともに15日土曜日よりMAIDNES SHOPにて販売開始となります。

皆様のご来店お待ちしております!

 

平沢

 

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com


 

EVENT INFORMATION‟AMERICAN DAILY NECESSITIES STORE“

師走ですね。

特に挨拶の言葉は思いつきません。

お久しぶりです。すいません。

 

バイヤー平沢が前回のブログでイベント告知していましたが、僕からはまた別のイベントの告知です。

f:id:hynm_maiden_company:20181210182333j:plain

 

USONIAN GOODS SOTREでアメリカで日常的に愛用されてきた、食器や道具、雑貨を柏の“Gleeful”様の協力の元に展開いたします。

展開する商品の詳細は追って載せていきます!

※USONIAN GOODS STOREのHP、BLOGでも順次情報公開していきます。併せてご確認ください。

usoniangoodsstore.com