固定観念からの脱却(JAMES COWARD "COWBOY BLUES" )

仕事をする中でなるべく固定観念というのは捨てるようにしています。

それを習慣とか仕来りって言葉に変換すると良いことのように思えるけど、絶対的に意味のあることでない限りは、本当にこれでいいの?って考えるのを止めているだけで、そこに改善とか成長ってのは無くなってしまうと思う。

 

アパレル業界では当たり前となっている習慣や仕来りで、他業界から見たらなんで?って部分は結構多いと思う。

 

もちろん、いろいろと変わってきている部分もあるけど、やはり大多数の人間がその習慣に囚われている気がする。

例えば春夏、秋冬と分けられたシーズンもその一つ。トレンドの変化が激しい業界だし、常に新しい物を求められる世界だからしょうがない部分もあるけど、ほかの業界でこんなに移り変わりの激しい業界ってあるのだろうか。

その結果として半年たったらセールして、また新しい商品を出してまた半年たったらセールする。

売れ残った商品はいったいどこに行くのか。それを作るために多くの人が動き、資源が使われている。

洋服って半年たったら腐って着れなくなるのか。もちろんそんなことはない。

でもファッションという言葉自体が=流行という意味なのだから鮮度も重要なのは理解しているし、自分もその業界の流れで仕事をしている。

 

これは僕の推測なのだけど、きっとこの相反する考え方の狭間で葛藤しているアパレル業界の方もいるんじゃないかなと思う。けどほとんどの方はそれに疑問をもっていないのではないかと思う。なぜならそれが習慣であり当然だと思っているからだ。

 

こんなこと言っている僕も疑問には思いつつも、それを打破することはできないでいるし、流行の中で生きているからそれを100%悪いとは思っていない。

けど、考える事をやめたくはないし、疑問を持ち続けた中でこそ新しい事が生まれてくると思うので、いつかそれを形にしたいなと本当に思っています。

 

そして本日紹介するJAMES COWARDというブランドは、その新しい形というか価値観を実際に行動として実行しているブランドだ。
だから共感できるし本当に素晴らしいと思っている

そんな彼らの最新の商品が本日よりMAIDENS SHOPにて販売をスタートいたしました。

f:id:hynm_maiden_company:20190322194413j:plain

以前にも何度かご紹介していますJAMES COWARD。

過去にフイナムさんでも記事にしていただいているのでご存知の方もいるかと。

www.houyhnhnm.jp

改めてこのブランドを説明させていただきます。

 

JosephとDanielによって立ち上げられたカナダ、バンクーバーを拠点とするブランド。
彼らは、ファッションの枠組みからではなく、映画、文学、建築、写真、彫刻、音楽からインスピレーションを得ており、現代のトレンドや洋服の意味を意識的に否定し、本質的、普遍的な洋服造りへのアプローチの再解釈を追求しています。
春夏・秋冬でコレクションを発表していく従来のファッション業界のシステムではなく、各ショップとリレーションシップを取りながら、その店にあった商品を自ら提案し作成していくというスタイルでブランドを展開しています。

 

まぁ最初に書いたことを地で行っているブランドである。

今回もコレクションをオーダーするにあたって彼らからこんな言葉を言われた。

 

このコレクションは19年春夏コレクションと表記しないでほしい、たまたまこのタイミングだっただけで、そういう業界の仕組みの中で発表したコレクションじゃないんだ。

あえていうなら「早春」かな。

小津安二郎の映画「早春」は時に僕らに季節の変わり目の感覚を引き起こさせてくれるからね。

 

ニュアンスしかわからないけど、なんとなく言わんとしていることはわかる。彼らは常に哲学的だからたまに僕の頭では理解できないこともある。

 

彼らはシーズンには囚われる事なく、必要な分を必要なだけ自分達の気持ちが整ったタイミングで発表する。

取り扱いは世界で3店舗、日本は当店のみ。ということは作る数はとても少ない。ということは生産コストも量産するよりも大分高くなってしまう。

価格だけを考えたら、もっとたくさん作れば良いし、もっとたくさんのお店に売ればいいと思うのだが、彼らはそれをしない。

自分達の目が届く範囲で物を作る事、長く着れる最高の仕立てをする事、まさに高級なスーツを作るテーラーのような考え方で物を作っているので、そこにシーズンという概念はないし、量産もしない。この考え方に共感してくれる人だけに必要な数を提供する事が彼らの目的なのだ。

 

今回のコレクションは英国の老舗ファブリックメーカーであるブリスベンモスの生地を使用した4型です。

f:id:hynm_maiden_company:20190323154929j:plain

新型のセットアップはジップアップのワークジャケットと、膝で切り替えになった細身のトラウザー。

シンプルなデザインではありますが、細かいディテールはまさに美しいスーツのような繊細な仕上がり。

f:id:hynm_maiden_company:20190323155321j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20190323155337j:plain

そして定番スタイルのカバーオールジャケットと1タック入ったテーパードパンツもリリース。

前回はリネンでしたが、今回はオールシーズン着用できるコットンドリル素材です。

f:id:hynm_maiden_company:20190323160353j:plain

こんな感じで合わせてもOK。

価格などは下記の当店のブログでご確認ください。

shop.maiden.jp

 

このブランドは単純な物の良さだけでなく、彼らの価値観を理解して共感していただける方に着て欲しい。そんな数少ないブランドです。

是非店頭でご覧ください。

 

平沢

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com



 

お花見の相棒にどうでしょう(SEIL MARSCHALL FOR MAIDENS SHOP / CRAZY WOODSMAN PACK & CARRY ALL BAG LARGE )

イチ松論争は今思えばかなり高いレベルの打者が同時にMLBで活躍していたからこその論争で、その高いレベルの中で見ると城島さんや井口さん、福留さんなんかもすごかったのは間違いないんですが、すこし霞んで見えてしまう。

あの頃僕はあと10年後にはMLBのほとんどの球団で日本人が活躍しているんやろな。なんて思っていました。

投手は素晴らしい選手が出てきていますが、打者は難しいですね。あの特別な時代にリアルタイムで上記のような選手たちの活躍を見れたことが今では特別なことだったと感謝しています。

現在、大谷君が違うベクトルで騒がれていますが、イチローさんや松井さんは何年も活躍したからの評価。是非大谷君には新しい伝説を作っていただきたいと思います。

昨日の8回裏の交代のシーンは、ただ同じ日本人というだけなのにすごく誇らしい気持ちになったとともに、一つの時代の終わりが来たような何か虚無感のようなものが込み上げて来ました。

試合後鳴りやまないイチローコール、観客席で起こるウェーブ、そしてイチメーターでおなじみのエイミーさんの涙にもやられた。

最近子供が生まれて涙もろくなったのか、号泣しました。本当に素晴らしい時間でした。

 

卒業シーズンです。桜が咲く季節。となればお花見の季節。

MAIDENS SHOPでは、そんな春及びお花見シーズンにふさわしい別注商品を明日リリースします。

f:id:hynm_maiden_company:20190322162302j:plain

創業から100年以上の歴史を持つドイツのアウトドアメーカー"SEIL MARSCHALL"に別注した特別な商品を明日23日に発売します。

今回、同ブランドの別注では世界初となるクレイジーパターンの別注を依頼、配色から練りに練った本当に特別な商品が完成しました。

企画していたときちょうど70年代のアウトドアウェアとかギアが気になっていた時で、この時代ウェアやバッグでもクレイジーパターンてのが多い。

その年代はデザインありきのクレイジーパターンではなく、副産物的な意味合いの物も多いと思うんですがそこに一点もののような魅力を感じたりする。

今回はその魅力をどうにか表現できないかなと思い、発色の良い70年代のアウトドアをストレートに表現したカラーリングと、ミリタリー的なカラーでクレイジーパターンやりたいってのが前からあったので、それを表現したカラーの2つの配色をご用意。

f:id:hynm_maiden_company:20190322162756j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20190322162808j:plain

バックパック、トート共にクラシックなデザインにどちらの配色もマッチしています。
手前味噌ですが、かなり良い出来。

質実剛健なイメージの強いSEIL MARSCHALLですが、クレイジーカラーにすることで、すこしおちゃめな印象に仕上がって、これは狙ってたわけじゃないんで、偶然の産物。

ガンガン汚して使って味を出して下さい。実物は店頭でご覧くださいませ。

 

平沢

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

 

切っても切り離せない関係。

ティーンエイジャーの時に憧れたものはおっさんになっても心に染み付いているものです。

特に思春期に出会った音楽は今の自分の趣味嗜好に大きく影響している。

時代によって流行りも変わるしかっこいいの概念も変わるから、昔が良くて今は駄目なんてことはないけど、諸先輩方が昔は良かったっていう気持ちが少し分かってきた気がします。

前回のブログでも書いたのですが、情報が溢れている時代、音楽もダウンロードが基本で、まさに僕も久しくCDなんか買っていない。

学生の時にタワレコとか行って、視聴できればするけど視聴出来ない時はCDジャケットがかっこいいかどうかだけでCD買って、聞いてみたら想像してたのと全然違う!みたいなこと良くありました。

その時はそれでがっかりしたこともあったけど、それが新しい出会いになったりもするから面白かった。

懐古主義はあんまり好きじゃないし、YOUTUBEとかでたくさんの情報得られる方が好みの音楽見つけやすかったりするけど、なんか特別感と言うか、友達同士の中で俺が見つけたぜみたいなのやるのが楽しかったんですよね。

 

こう言うこと書くやつダサいって思ってましたが、書いてしまいました。
ちゃんと年取ってるってことかな。では本題へ。

なんで音楽の話をしたかと言うとなぜならバンドTが入荷したからです。
しかも僕ら世代にドンズバなやつばかり。

ヴィンテージとかではなく、オフィシャルの復刻的なもの。
僕もヴィンテージ着たい派ではありますが、やっぱり秀逸なデザインを見ると古いとか新しいとか関係ないなって思う。

f:id:hynm_maiden_company:20190317174905j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20190317174921j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20190317174936j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20190317174953j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20190317175014j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20190317175031j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20190317175110j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20190317175146j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20190317175202j:plain

何度も言いますが、デザインはオフィシャルなのでご安心を。
どのデザインも有名なのでご存知の方も多いんじゃないですかね。
僕もですがアラサー、アラフォーの皆さまの心にはがっちりフィットするバンドばかり。

最近高騰しているバンドTですが、こちらはお値段も良い感じです。

ボディはバラバラです。ギルダンとかその手のヤツです。ぶっちゃけボディなんてなんでも良いんです。デザインと青春の思い出にお金払うということで、僕もなんか買っちゃいそうです。

オンラインショップでもご覧いただけるので、詳細はこちらで。

サイズ大きめが多いので、直接見たいって方は是非ご覧ください。

 

平沢

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

日本初上陸。Alexander E. Jones

一億総SNS社会といっても良いくらい、老若男女SNS三昧の世の中。
僕もインスタグラムはやっておりますが、自己表現より情報収集がメイン用途になってたりします。

僕らの仕事にもかなり影響のあるSNS
バイヤーたるもの現地に行って足で探してって時代は少しずつ終わりをつげているのかも。

でも、やっぱり実物を見なけりゃ何が良いかなんか判断はできない。
だから情報収集はするけど、実際に買うか買わないかはモノを見てからってスタンスでしたが、本日ご紹介するブランドはその作業を経由せずオーダーした初めてのブランドです。

f:id:hynm_maiden_company:20190313182907j:plain

【Alexander E. Jones / アレキサンダーイージョーンズ】
デザイナーはイングランド東海岸に位置するハル(King's town upon Hull)出身のAlexander。
現在はロンドンを拠点とするメンズウェアデザイナーです。彼のメンズウェアへの取り組みは、イギリスの文化、その歴史、遺産、そして民俗の伝統に大きく根ざしています。
自身の故郷の伝統からインスピレーションを得たコレクションは、優れた品質であるイギリス製の生地が用いられ、ロンドンのアトリエにてAlexander自身でハンドメイドで製作されています。
 ハットコレクションは故郷の漁師が身に着けていた帽子からインスピレーションされ、生地にはイギリス製の丈夫なキャンバスが使用されています。
抽象的で大胆なアートワークは、彼のパートナーでありアーティストのLauren Wilsonによって手作業で描かれています。

 

まさにSNSでつながったブランド。僕が見つけたのではなく、スタッフの牧野がこのブランドカッコよくないですか?と教えてくれた。

www.alexanderejones.co.uk

まずはウェブサイトをご覧いただきたい。

前回の出張の前に連絡を取ったのだが都合がつかず会うことが出来なかった。
僕は上でも書いたように、実際にモノを見ないと買うという判断はできない。


まぁお客さんにご紹介するのだから当然と言えば当然のことなのだが、会えないなら次回だなと牧野に伝えたのだが、牧野の熱意は冷めることなくコンタクトを取りながら、交渉を続けていたのだ。

 

で、洋服はコレクションピースのみ作っているそうで、量産はしてないからまだ卸は考えていないという返答だった。
ただ、コレクションで使われているハットのコレクションなら販売できると返答が来た。

 

すでに牧野のテンションは取り扱うことしか考えてなかったので、彼の熱意におされ初めてモノを見ずにオーダーするという博打的なオーダーをしたのだった。

 

そして先日、そのオーダー商品が届いた

 

残念?ながら牧野の直感が優れていたようです。画像よりも素晴らしいハットだった。

ブランドリリースでも書いているがデザイナー自らがハンドで作っているだけあって、1点1点どこか表情が違うし、彼の故郷の空気ごと持ってきたかのような、なんとも言えない雰囲気を感じる。

f:id:hynm_maiden_company:20190313184929j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20190313185211j:plain

 

他にも数型ご用意しています。
日本ではもちろん当店のみ。出会いに感謝です。

次回の出張では直接会って、服のオーダーもできればと思っています。

出会いの可能性を広げてくれたインスタには感謝ですが、まぁやっぱり人と人とのコミュニケーションには時間やお金には代えられない価値があるから、そこは大事にしたいってのは変わってません。

 

是非店頭でご覧ください。

 

平沢

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

 

 

 

 

良い癖(STORY mfgの春夏コレクション到着)

ボビンとケイティと初めて会ったのは4年前の1月、冬のNY。
独特な淡いインディゴカラーのデニムパンツやジャケットは、ビンテージウェアを彷彿としながらも、復刻というのとはまるで違う存在感があったのを覚えております。

 

NYはうるさいから嫌いだね。

 

とボビンは言っていた。彼らはイギリス近くの島にアトリエを構え自給自足のような生活をおくっていたので、その発言は当然と言えば当然だ。

生み出す洋服も彼らの説明を聞くと極限までナチュラルだった。

いつの日か彼らの物作りはより精神的な解放、そして本当のオーガニックを求めるようになっていた。

ヨガにハマった女性がインドまで行っちゃう的な事と一緒にするのは違う気もするが、ベクトルは一緒であろう。

僕はスピリチュアルな話は苦手だが、忙しなく生活する日々から解放され、精神的な満足を得られると言われると、地位とか名誉じゃない、人間としての真の幸せがそこにはある。っていう意見は理解できる。

彼らはファッションでオーガニックを利用するのではなく、本当にその精神追求するため生活環境から変え、己の生み出すものに反映して行ったのだ。

なんちゃってオーガニックとはわけが違うのです。

ここ数シーズンの彼らの作品を見ればなんとなく分かると思うが、その発想はどれも日本にいたら絶対に作ることのできない、自分たちの生活環境や信仰ががっちり反映されているように感じる。

初期の頃よりかなり着づらい。もちろん良い意味で。

そんな彼らのコレクションが今シーズンもお店に届きました。
相変わらず独特な世界観ははっきり言って癖が強いがそれがたまらないんです。

f:id:hynm_maiden_company:20190310160142j:plain

スピリチュアルな雰囲気は今シーズンより強くなっている気がする。

東南アジアや中東の伝統的な染色やファブリックを用いたコレクションは、春夏らしいカラフルなカラーパレットで彩られています。

コレクションの詳細は下記からどうぞ。

www.storymfg.com

当店での取り扱い商品はオンラインショップからご覧ください。

maidens.shop-pro.jp

画像じゃ伝えきれないんで、ご来店いただけるかたは是非お店まで来て下さい。

 

平沢

 

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

 

 

EVENT INFORMATION ”MOHINDERS PERSONAL ORDER EVENT”

暖かくなってきて、春の気配がしてきました。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

柳です。

 

洋服好きの皆様は精力的に春夏のお買い物をされているだろうと思いますが、USONIAN GOODS STOREでもこれからの時期に向けておすすめのシューズのオーダーイベントをにて開催いたします。

f:id:hynm_maiden_company:20190221192503j:plain

MOHINDERS PERSONAL ORDER EVENT

【開催日時】

2019年2月22日 から 2019年2月24日

 

【代金】

商品の金額は全額前払いになります

 

【仕上がり予定】

6月中旬予定

 

このブランド、拠点はアメリカ、サンフランシスコなのですが、デザインはインドの伝統的なサンダルがベースとなっています。

生産もインドで行われてるのですが、レザーの鞣し方や生産方法が古くから伝わる方法で生産できる職人がインドの家族経営の工房に限られていてあまりファッションとしては紹介されていません。

そんな一見謎なブランドを弊社の洋服マニア、店長矢澤が発見してきて掘り起こしてきてUSONIAN GOODS STOREでの取り扱いが始まりました。

ブランドの魅力はUSONIAN GOODS STOREのブログでも紹介されているのでそちらも見てみて下さい。

 

usoniangoodsstore.blogspot.com

このイベント限定でレディースサイズのオーダーや、新色をいち早く見ることもできるみたいなので気になる方はぜひUSONIAN GOODS STOREにお立ち寄りください。

 

お待ちしております! 

www.instagram.com

EVENT INFORMATION"SPELTA BALLET SHOES SEMI ORDER"

柳です。

今度はレディースのお店、la jeune Boutiqueでバレーシューズのオーダー会をやるみたいです。

f:id:hynm_maiden_company:20190205181649j:plain


======================================

SPELTA BALLET SHOES SEMI ORDER
 
メイデンカンパニーが運営するla jeune Boutique(ラジュンヌブティック)では、
2019年2月8日(金)~2月11日(月・祝)の4日間、イタリアのシューズブランド「SPELTA」のバレエシューズのセミオーダー会を開催致します。
 
驚くほど柔らかな履き心地を叶える「SPELTA」のバレエシューズ。
シンプルながらも計算されたデザインが、クラシカルで上品な印象を演出します。
今回は、履き口が深めと浅めの2種類の木型をご用意し、
お好きな色や素材、パイピングやアウトソールの色も選んでいただけます。
サイズはハーフ刻みでイタリアサイズ34~40までオーダーが可能ですので、
なかなかぴったりのシューズに出会えないという方にもおすすめです。
 
この機会に、長く愛せる理想の一足を形にしてみませんか。
ご来店を心よりお待ちしております。
 
<概要>
日時
: 2019年2月8日(金)~2月11日(月・祝) 12:00~20:00
場所
: la jeune Boutique(ラジュンヌブティック) 
 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-20-9
費用
: 24,000円 + 税 ※全額当日のお支払いとなります
尚、オーダー品のお渡しは4月末~5月頭を予定しております。
 
《SPELTA(スペルタ)》
1967年、ミラノ郊外のパラビアーゴで「SPELTA(スペルタ)」を創設。
近年では"BALLERINA IN CITTA"と呼ばれるイタリア・ミラノのバレエダンサーのバレエシューズとしても愛用されている。
======================================
la jeune Boutiqueのブログでは過去のスタッフのオーダーや詳細を紹介しています。
ぜひ見てみてください!

lajeuneboutique.blogspot.com

lajeuneboutique.blogspot.com

lajeuneboutique.blogspot.com

春に向けて、ぴったりな一足をオーダーしてみてはいかがでしょうか。

今週末、la jeune Boutiqueでお待ちしています。

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com