クリケットセーターは好きだけどクリケットの試合は見たことがない

前回のブログでパンクが気分だと書きました。
もちろん本当ですが、この秋冬はパンクだけでなく、イギリス的スタイル全般が気分だったりします。トレンド的にもタータンチェック流行ってますし、そう言う気分の方多いと思います。

 

昨年から引き続きって感じもありますが、今年はよりスクールっぽい感じがいいかなって思います。で、久々に着たくなったのがクリケットセーター。

 

可愛い感じになるのがどうも苦手だったんですけど、パンクの気分も合間って、レザーのパンツとかボンテージとか男っぽい物にクリケットセーターなんて合わせると可愛いとかっこいいでバランスいいんじゃないかなと。

おっさんが可愛いがどうのこうの言ってるのもモイキーですが、そこはスルーしていただいて、とにかくそんな気分でしたのでイギリスの老舗ニットメーカーCorgiに別注でクリケットセーター作ってもらいました。

f:id:hynm_maiden_company:20181213201448j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181213201506j:plain

クリケットセーターと言えばオフホワイトのボディに、襟のラインは赤や青ってのが定番ですが、今回は男っぽい服にも合うように配色はシンプルにしてます。

 

その名の通りクリケット選手が着ていたセーターが語源ですが、チルデンセーターとかも言ったりしますね。ちなみにチルデンセーターの語源はアメリカのテニス選手、チルデンさん。

で、クリケットセーターとチルデンセーターは厳密に言うと同じようで違うもの。

 

チルデンさんはテニス選手と書きましたが、クリケットセーターとは別にテニスセーターと言うものがあります。テニスセーターは見た目はほぼクリケットセーターと一緒ですが、厳密に言うと丈の長さが違います。

 

で、さらに言うと競技としてはクリケットの歴史の方がはるかに古いので、テニスセーターはクリケットセーターがテニス用に改良されたもので、チルデン選手がテニスセーターを着用してプレーしたことで、あのセーターかっこええやんと巷で人気になり、そこからチルデンセーターと呼ばれるようになったと言うことですね。

 

 

こちらの別注は配色はもちろんなんですが、サイズ感も細かく指定しています。
あくまでもトラディショナルな雰囲気は残しつつ、今の気分に合うようにサイズも修正しています。

 

かなり細かくいじっているので、詳細は割愛しますがばっくりいうと古着のニットで少し伸びちゃって身幅が広くなっている。的な絶妙なサイズ感を目指しました。

 

で、さらに昨年人気だったボタン留めのマフラーも作っています。

f:id:hynm_maiden_company:20181214141933j:plain

これまたかわいい。襟みたいにして使ったらいいでしょう。

 

 男女兼用で使えるデザインなので、クリスマスプレゼントにもおすすめです。

 

どちらも明日15日土曜日よりMAIDENS SHOPにて販売開始いたします。
詳細はお店までお問合せくださいませ

 

平沢

 

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

 

 

 

 

 

 

EVENT INFORMATION‟AMERICAN DAILY NECESSITIES STORE“ 商品紹介

柳です。

平沢さん、何発目やめたんですね。

ナチュラルに便乗してました。

f:id:hynm_maiden_company:20181213114159j:plain

 

前回のブログで紹介した、USONIAN GOODS SOTREのイベント、“AMERICAN DAILY NECESSITIES STORE”の商品が届きましたので、イベントに先駆けてご紹介したいと思います。

 

f:id:hynm_maiden_company:20181213113635j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181213113653j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181213113707j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181213113723j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181213113738j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181213113756j:plain

写真はあくまで展開の一部なので、写真以外の商品もご用意しています。

イベントは今週末土曜日からです!ご来場お待ちしております。

※商品の紹介はUSONIAN GOODS SOTREのブログでも確認いただけます。

 

usoniangoodsstore.blogspot.com

 

憧れのパンクロックとThe Old Curiosity Shop

こんにちは平沢です。あ、タイトルの何発目ってのはめんどくさいので前回から辞めました。

 

さて、突然ですが皆さんジョンムーアというデザイナーを知っていますか?

 

ジョンムーアはイギリスのコードウェイナーズ大学卒業後の1987年、ロンドンにクリストファーネメスと共にロンドンストリート史に語り継がれる”ハウス・オブ・ビューティ・アンド・カルチャー”をオープン。

イーストロンドンの外れにあるスタンフォードに隠れ家的に作ったショップで、名だたるデザイナーから新人アーティストまでが足蹴く通う伝説のショップとなる。

ジョン・ムーアヴィヴィアンウエストウッドコンサルタントや、ジュエリーデザイナーのジュディブレイムとのコラボレーションなどで一躍有名になり、80年代ロンドンのアンダーグラウンドファッションを牽引してきたデザイナーの一人と言えます。

しかし1989年に薬物の過剰摂取により若くしてこの世を去ってしまう。
彼のデザイン・思想に影響を受けた靴デザイナーは世界中に多数おり、なかでも直弟子であったイアンリード、その友人であった木村大太は彼の死を哀しみ、ジョンの作った木型を永遠不滅のものとして、後世に伝えるための活動を起こしました

 

この文章でジョンムーアというデザイナーがロンドンファッション業界の伝説の一人であったことが分かると思います。

 

なぜジョンムーアの話をしたかと言いますと、今年の6月、ロンドン出張の際にジョンムーアの意思を受け継ぎ、彼の名作であるHog Toe shoes , Bump toe shoesを今でも製作している木村大太氏のお店"The Old Curiosity Shop"に行ってきたからなんですが、ただ行ってきただけじゃございません。オーダーしてきちゃいました。

 

商品の話をする前に、The Old Curiosity Shopに行った理由があるので少し話したいと思います。


今イギリスのロックカルチャー、特にパンクだったりのファッションが熱い。と個人的に思ってます。というか20代前半の時に好きだったカルチャーが最熱してるって感じ。


ある程度歳を重ねて、いろいろなファッションを通ってきたからこそ、若いときに好きだったカルチャーを、今の自分のスタイルに取り入れられるんじゃないかなと。

 

70、80年代そして90年代初頭のイギリスはパンク・ポストパンク~ニューウェーヴの様々なバンドが登場し、カルチャーもファッションも新しいものが生まれた個人的に一番面白いと思う時代。

 

ですがそんな面白い時代は、30代前半の僕には実際あまりリアルじゃないんですよね。

 

カルチャーが生まれたその時代、70年代のヴィヴィアンはもちろんですが、80~90年代前半に活躍したジョンムーア、クリストファーネメスもリアルタイムで見てきたわけじゃない。

 

ネットで情報は追えても、やっぱり現地でモノを見たり、感じたりするのには勝てないんですよ。

 

時代は進んでてもその土地に根付いてるっていうか、残っている伝説的なデザイナーの匂いを少しでも感じ、それを知ることでより新しい提案もできるんではないかと思ったのです。
音楽的カルチャーから入った興味ですが、それが結局洋服につながってきちゃうのは職業で洋服屋やっているからだけじゃなくて、男ってカルチャーありきのファッションが好きじゃないですか?見た目だけじゃない奥行きみたいなものを感じるんですよね。

 

そういうテンションもあって、今でもジョンムーアの靴を受け継いでいるThe Old Curiosity Shopには仕事という意味ではなく、個人的に行かなければならないと思ったわけです。

 

f:id:hynm_maiden_company:20181211171212j:plain

こちらの店舗は1500年代の建物をそのまま使用しています。ロンドンの中心地、商業施設やオフィスビルが立ち並ぶ中でひときわ異彩を放っていました。

 

で、実はここで個人的に靴を買おうと思っていたんですが、木村さんとお話させていただいている中で、お店をやっているということを伝えると展示会やるから来てくださいと誘っていただけたんです。

 

当店で取り扱うなんてことは思ってもいなかったんで、誘っていただけることだけで有難いというか、驚いたというのが本音。やっぱり現地に行ったことに意味がありました。

 

そして念願のオーダー品がついに入荷してきました。

f:id:hynm_maiden_company:20181211174252j:plain

ジョンムーアの木型を受け継ぎ、木村氏がハンドメイドで作製した"Hog Toe"
まさに時代を超えた傑作シューズです。

f:id:hynm_maiden_company:20181211174449j:plain

 

f:id:hynm_maiden_company:20181211174502j:plain

スパっとカットされたようなトゥのデザインは唯一無二の存在感。
パンキッシュなデザインと、手仕事の匠の技が融合した伝説的靴でございます。

f:id:hynm_maiden_company:20181211175840j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181211175854j:plain

イギリスには伝統的な革靴ブランドが多数ありますが、ファッションシューズというジャンルで歴史を作ったのはジョンムーアであり、その歴史はThe Old Curiosity Shopの木村氏によって受け継がれています。

そして今回は靴以外にもTシャツも入荷しています。

f:id:hynm_maiden_company:20181212135305j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181212135332j:plain

これも僕の気分にぴったりマッチしちゃってます。


上はThe Cureロバート・スミス、下はThe Jesus and Mary Chainジム・リードをデジタルコラージュで表現。両名を知らなくてもデザインとしてイケてます。

 

80~90年代前半のロンドンのカルチャーがここにはまだ残っています。

 

シューズ、Tシャツともに15日土曜日よりMAIDNES SHOPにて販売開始となります。

皆様のご来店お待ちしております!

 

平沢

 

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com


 

EVENT INFORMATION‟AMERICAN DAILY NECESSITIES STORE“

師走ですね。

特に挨拶の言葉は思いつきません。

お久しぶりです。すいません。

 

バイヤー平沢が前回のブログでイベント告知していましたが、僕からはまた別のイベントの告知です。

f:id:hynm_maiden_company:20181210182333j:plain

 

USONIAN GOODS SOTREでアメリカで日常的に愛用されてきた、食器や道具、雑貨を柏の“Gleeful”様の協力の元に展開いたします。

展開する商品の詳細は追って載せていきます!

※USONIAN GOODS STOREのHP、BLOGでも順次情報公開していきます。併せてご確認ください。

usoniangoodsstore.com

EVENT INFORMATION “VSS MARKET SUPPORTED BY BERBERJIN AT MAIDENS SHOP”+日比谷でもEVENT開催中

狂喜乱舞した平昌五輪からもう10ヶ月。

4月頃までご飯の時はモグモグタイム、相づちはそだねーでやらせてもらっていましたが、後輩たちの熱いバッシングで5月にはすっかり元通りに。

6月にはロシアワールドカップ。前評判最悪の中、ワールドカップ3位のベルギーを最後まで追い詰めるなど大健闘。
半端ないってって一度も使いませんでした。周りで使ってる人いました?私だけ違う時空で生きてるんでしょうか。

8月には金農旋風。吉田君日ハムでも頑張ってね。

 

スポーツの話題に事欠かない本年。良い話もあれば悪い話もありました。

 

日大アメフト部の悪質タックル問題に始まり

「私は、歴史に生まれた、歴史の男でございます」でお馴染み、ホヤ貝とカンロ飴が大好物な世界の山根元会長によるアマチュアボクシング問題

女子体操協会のパワハラ問題など、内部告発による旧態依然の組織を変えていこうという動きも多かったように思います。

 

私が最後にここでBLOGを書いたのも山根元会長が「おはようございます。私は12時過ぎでも『おはようございます』でございます」と言ったあたりが最後。

だいぶ間があいてしまいました。すいません。

なぜ本日はスポーツのお話をしたかと申しますと、明日からMAIDENS SHOP にてヴィンテージスウェットのイベントをやるからでございます。

f:id:hynm_maiden_company:20181204145823j:plain

昨年も開催した原宿のヴィンテージショップ“BerBerJin”様との協業によるイベントを今年も開催します。

今回はVSS MARKET(Vintgae Sweatshirtの頭文字)と題し、様々な年代のヴィンテージスウェットを約120点集めました。

その中から商品を一部ご紹介します。まずは王道チャンピオンの商品から。

f:id:hynm_maiden_company:20181204150105j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181204150123j:plain

雰囲気抜群たたきタグ。

このくらいのダメージならマイナスじゃないですむしろプラスです。加工じゃ絶対だせない古い物ならではのこの感じ。

f:id:hynm_maiden_company:20181204150618j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181204150628j:plain

単色タグのリバース。USAFAのプリントは高騰しておりますが、こちらはダメージもあってお安めです。

昔は細かったもんでジャストサイズで探してて、Sサイズの単色タグを試着しないで買うと首がギュンギュンでセルフ首絞め状態になり着れないなんてことありましたね。

今回ご用意している商品は首が太い方でも通るサイズ感しかないので安心してください。

f:id:hynm_maiden_company:20181204151015j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181204151030j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181204151043j:plain

80、90年代のグッドプリントなリバースも多数ご用意。

f:id:hynm_maiden_company:20181204151430j:plain

ここからはチャンピオン以外の商品をご紹介。
60年代~の無地系。縮んで着丈短くなっちゃってるのがかわいいと思えてきた今日この頃なので、着丈は55cmあればOKでしょう。

f:id:hynm_maiden_company:20181204151636j:plain

無地系と同じ60年代あたりのプリント物。カレッジ物はやっぱり古着が一番。絶対に新品では出せない雰囲気。

f:id:hynm_maiden_company:20181204151745j:plain

フロントV物。

f:id:hynm_maiden_company:20181204151813j:plain

自分の顔が水原希子ちゃんなら絶対に着たいミッキー&スヌーピー

f:id:hynm_maiden_company:20181204151918j:plain

最後にスペシャル。スポルディングのすごいやつ!

f:id:hynm_maiden_company:20181204151945j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20181204151959j:plain

一番やばいやつ!30年代ツートンカラー、ハーフジップ、背中のワッペン!
男の夢を贅沢に詰め込んだ奇跡の1枚。値段は言えませんので見に来てね。

ざっとご紹介させていただきました。もちろんこれは一部です。この何倍もの商品ご用意してます。

百聞は一見に如かず。ご来店頂くのが手っ取り早いかと。

明日から9日の日曜日まで開催しております。詳細は下記をご覧ください。

shop.maiden.jp

 

で、実は日比谷でもイベントやってます。

www.houyhnhnm.jp

こちらはフイナムさんでもご紹介頂きました。現在はINDIVIDUALIZED SHIRTSのトランクショーで、土曜日からはこちらでも古着のイベントを開催!

well-made.maiden.jp

こちらではMADE IN USAがテーマになっており、ミリタリー、ワーク、アウトドアなど様々なジャンルの古着を集めてます。こちらはレディース商品もあります。

スペシャルなところではヴィンテージのティファニーなんかも!

こちらも宜しくお願いします。

 今年も残すことろ約1か月。本年を振り返りながら古着を買う。どうでしょう?

 

平沢

平沢のBLOG七十八発目(LOCAL STORE POP UP SHOP @well-made by MAIDENS SHOP)

緑がある生活は、心にゆとりが生まれる。そう思いませんか?

f:id:hynm_maiden_company:20180810201554j:plain

東京ミッドタウン日比谷well-made by MAIDENS SHOPにて、五本木のグリーンショップLOCAL STOREのPOP UP開催中です。

元古着屋という個性的なオーナーの感覚を落とし込んだ様々な植物と、鉢のコーディネートは洋服屋の私たちの感性とリンクするのか、魅力的な物ばかり。
ユニークなものから、育てやすいものまでいろいろな植物やアイテムを取り揃えますので、植物初心者方も安心してご購入頂けます。

 

f:id:hynm_maiden_company:20180810201416j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20180810201408j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20180810202009j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20180810202022j:plain

植物と洋服、合わせて買う。忘れられない夏の思い出になる予感・・・

 

平沢

 

ABOUT LOCAL STORE 
学芸大学と自由が丘に店舗を持つグリーンショップ「LOCAL STORE」。
元古着屋という個性的なオーナーの感覚を落とし込んだ様々な植物の販売をはじめ、SHOPやOFFICEのグリーン空間の演出、ご自宅のお庭作りや外構の植栽、ベランダやお部屋のグリーンコーディネートなどを提案しています。

www.instagram.com

 

LOCAL STORE POP UP SHOP @well-made by MAIDENS SHOP

日程:2018年8月10日(金)~6月19日(日) 11:00から21:00まで
場所:well-made by MAIDENS SHOP
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷2F
電話番号:03-6812-7180

*その他詳細は店頭スタッフまでお問合せください。

 

www.instagram.com

www.instagram.com

 

平沢のBLOG七十七発目(Antique Watch Fair at MAIDENS SHOP)

ご無沙汰しております。MAIDENS SHOPの平沢です。

 

男性の皆さん、一生モノと言えばなんですか?

答えは一つ、腕時計。

 

腕につける小さな時計が、その人のスタイルや生き様を物語ります。

記念日に購入した思い出、祖父や父から受け継いだ財産、権力の象徴。

腕時計には浪漫が詰まっています。

 

 

さて、当店は洋服屋ですが、皆様に浪漫もお届けしたい。なので腕時計のイベントを開催することとなりました。

いや、時計屋で買えばええやん。そんなこと言わないでください。確かに餅は餅屋ということばもありますが、私たち洋服屋の視点を通して価値だけじゃない、歴史やデザインも含めた“洋服屋の視点で選んだ素晴らしい時計”を販売したいのです。

 

f:id:hynm_maiden_company:20180802150952j:plain

 

アンティークウォッチ、ヴィンテージウォッチと呼ばれる素晴らしい時計を80点ほど集めます。

希少性の高いミリタリーウォッチから、男性の憧れロレックスやIWCなどのアンティークまで“かっこいい”時計を集めています。

また週末の10日(金)~12日(日)の3日間は、時計職人の方に在店して頂く予定となっておりますので、アンティークウォッチ初心者の方も安心してご参加下さい。

 

私も3年ほど前に高価な時計を購入しました。購入後数か月は節約生活で大変でしたが、今となってはそれも含めて、本当に購入して良かったと感じております。

 

是非とも当店に貴方だけの一生ものを見つけにいらしてください。

ローンは組めませんが、クレジットカードは使えます。

 

MAIDENS SHOP 平沢

 

【Antique Watch Fair at MAIDENS SHOP】

期間:18年8月7日(火)~8月12日(日)
時間:12:00~20:00
場所:MAIDENS SHOP
東京都渋谷区神宮前2-19-12 JUNE HOUSE 1F
TEL:03-5410-6686
MAIL:shop@maiden.jp

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com