読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平沢のBLOG五発目(パリ)

こんにちは平沢です。連日のBLOG失礼致します。

本日は真面目に書きたいと思います。

 

先日パリでおきた悲惨な事件は皆さんご存じかと思います。

ボクは仕事で毎年パリに行っており、テレビのニュースで流れていた場所にも行ったことがあるので、まさか自分が行ったことのある場所でこのような悲惨な事件が起こるなんてなんだか信じられないような気持ちと共に、とても悲しい気持ちでいっぱいです。

 

パリのブランドも数ブランド取り扱いがあり、どのブランドも付き合いが長いので、取引先であり、友人のような関係でもある彼らは今とても不安な日々を過ごしていることを考えると、胸がとても苦しくなります。

 

ボクもそうですが、みなさんもこんな時なにか自分には出来ないのか?と思うと思います。じゃあ実際何が出来るのか。今パリに行くことはできないし、有名人ではないので多くの人に届けられるメッセージを発信できるわけでもない。思いはあっても実際何もできないのが普通です。そして時間の経過と共に忘れていってしまうものです。

 

でも、できる事もあります。それは実際にボクがしてもらったことです。

東日本大震災の時、ボクは海外の取引先の方や友人からたくさんのメールをもらいました。僕たちは日本のことを心配している、日本のみなさんの無事を祈っている、遠く離れていても日本のことを思っている。そんな内容のメールでした。

電子メールという非常に無機質なものですが、ボクはとても嬉しかったし、取引先とはいえ、世界の人たちがそれだけ関心を持って、心配してくれているという事だけでも、とても心強く感じました。

 

もし、パリに友人がいたり、フランス人の知り合いがいるのでもあれば、一行でもいい、メールでもSNSでもいい、なんでもいいので言葉をかけてあげてほしいです。もしフランスの知り合いがいないのならフランスの有名人のSNSにメッセージを投稿するのでもいいです。

ニュースを見て、日本であーだこーだ言っているよりも何百倍も意味のあることだと思います。

 

人と人との繋がりが希薄になった時代と言われますが、インターネットやSNSの発展で世界とは少し近くなりました。フランス語がわからなくても英語がわからなくてもいいんです。日本語でもいいと思います。異国の地からあなたを心配しているというメッセージがどれだけ意味のあることか、ボクは自分で感じたので、すごく思うのです。

 

現状を考えると次のパリの出張がどうなるかは現時点ではわかりませんが、あの綺麗な街並みをまた歩くとが出来ること、そしてパリのみなさん平和が訪れることをお祈りいたします。

f:id:hynm_maiden_company:20151115105319j:plain

 

Pray For Paris

 

MAIDENS SHOP 平沢