読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平沢のBLOG二十九発目(JILL PLATNER ORDER EXIBITION)

アクセサリー好きです。男ですけど。

 

とくにブレスレットはつけてないと変な感じします。

縛られてる感じに慣れてしまうと、それがない時の違和感ときたら携帯家に忘れた時くらい落ち着かない。

 

ただ、アクセならなんでもいいわけじゃない。デザイン・質・作っている人のバックボーンまで理解してつけてこそ愛着がわくってもんです。

 

数年前、NYのSOHOで出会い、そのデザインと佇まいに圧倒され、いつかはお店で取り扱いたいと思い、移転をきっかけに取り扱うことになった“JILL PLATNER”というジュエリーブランド。

 

インディアンジュエリーのような強さと柔らかさの中に、適度な重厚感。

数あるジュエリーブランドの中でも一線を画しています。

 

f:id:hynm_maiden_company:20160413185924j:plain

Desgner Profile / JILL PLATNER

1990年代前半、NYを拠点にデザイン活動を開始。 その後シルバー/ゴールドのジュエリーデザインと彫刻を中心に活動。 彼女は言う、「ジュエリーを作ることで、言葉では表現出来ない自分の中の感覚や思いを表現することができる」と。 現役のサーファーでもあるジルは、彼女を取り巻く自然や海に共感・共鳴し、そこから得た発想でジュエリーを創る。 生みだされるコレクションはオーガニックであると同時にコンテンポラリーなデザインで、都会で生活しながらもサーフィンを愛するジルらしいユニークさを備えています。 コレクションの一番の特徴はtenara sewing threadとシルバーのコンビネーション。 それは、ライフワークであるサーフィンの時でも肌身離さず身に付けることが出来るという理由から生まれたもの。そして、新作を発表する前には必ずジル自身そのサンプルを身に付けて海に入り、耐久性のテストを経て商品化するというクオリティーへのこだわりも付け加えなくてはなりません。

 
 
 

f:id:hynm_maiden_company:20160413190018j:plain

自然界からインスピレーションを受けてデザインされたJILLのアクセサリーはシルバーの持つ力強さがありながら、女性デザイナーならではの柔らかさと優しさが感じられます。

 

そんなJILL PLATNERのオーダー会をついに当店にて開催することとなりました。

 

f:id:hynm_maiden_company:20160413190508j:plain

 

今週の土曜からスタートです。詳細に関しては下記の当店BLOGからご確認ください。

 

MAIDENS SHOP BLOG: EVENT INFORMATION “JILL PLATNER ORDER EXIBITION”

 

 皆様のご来店お待ちしております。

 

 

JILL PLATNER ORDER EXIBITION @MAIDENS SHOP

【日時】 16.4.16(土)~4.24(日)

【場所】 MAIDENS SHOP

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-19-12 JUNE HOUSE 1F 03-5410-6686

 

MAIDENS SHOP 平沢