読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柳ブログ第三十八回-GW2、坂本龍一設置音楽展とCedar Key Canvas Custom Order Fair-

GW満喫中、32歳になりました。柳です。

 

ワタリウム美術館で開催中の坂本龍一/設置音楽展に行ってまいりました。

坂本龍一 設置音楽展 ryuichi sakamoto async

 

f:id:hynm_maiden_company:20170503172219j:image

f:id:hynm_maiden_company:20170503172227j:image

 

先々月発表された坂本龍一のニューアルバム、『async』の企画展で気にはなっていたのですが、なかなか行けず、ようやく行く事が出来ました。

 

音楽と映像の世界なので、文章や写真ではこの感覚を表す事が出来ません。

 

どこでも音楽を楽しむ事が出来る昨今だからこそ楽しめる展示会でした。 

 

5月いっぱいが会期なので、気になる方は是非!

  

そして、ワタリウム美術館から徒歩10分、USONIAN GOODS STOREでは、Cedar Key Canvas Custom Order Fairが開催中です。

 

「CEDAR KEY CANVAS CUSTOM ORDER FAIR」

5/3~5/14までの期間、CEDAR KEY CANVASのカスタムオーダーフェアを実施致します。

定番のトートバッグに加え、通常展開していないアイテムのオーダーが可能です。

数十色のCANVASやCORDURAナイロンを組み合わせてオーダーして頂けます。

※生地の組み合わせや大きさで値段が変わります。

 

【納期】

7月上旬~

【PRICE】

TOTE BAG:,000+TAX~

BACK PACK:¥15,000+TAX~

JUMPER CABLE PACK:,800+TAX~

 

【CEDAR KEY CANVAS

1986年、アメリカ・フロリダ州ゲインズビルの西側、メキシコ湾に面した穏やかな気候の小さな観光地、CEDER KEYに工房兼直営店をオープンした“CEDAR KEY CAN VAS”。キャンバス素材を用いたコレクションの全ては現在JulieとSharon、2人の女性により作り出されています。パターンの作成、キャンバスのカットから縫製まで全て の工程を2人が手掛ける事で、顧客の要望に的確に応えた商品の提供を可能にしています。取扱いが難しい肉厚なキャンバス素材ですが、女性ならではの細やかな配慮が生産工程にも活 かされ、非常に丁寧な仕上がりとなっています。顧客の声を活かしながら彼女たちらしさも残したバッグはどこか懐かしさを感じさせつつも機能面にも配慮が施されています。

 

f:id:hynm_maiden_company:20170501184522j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20170501184533j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20170501184544j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20170501184554j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20170501184604j:plain

 

個人的にはトートバッグ型でナチュラルベースのキャンバスにイエローのコーデュラナイロンをボトムに使ったものをオーダーしようかと考えています。

INDIVIDUALIZED SHIRTSのオーダーもそうですが、自分だけのものを考えるのは、とても楽しいですよ。

黄金週間の締め、来る夏の為にカバンをオーダーするのもよいのではないでしょうか?

皆さまのご来場お待ちしております。

 

www.usoniangoodsstore.com

www.individualizedshirts.jp

www.instagram.com