切っても切り離せない関係。

ティーンエイジャーの時に憧れたものはおっさんになっても心に染み付いているものです。

特に思春期に出会った音楽は今の自分の趣味嗜好に大きく影響している。

時代によって流行りも変わるしかっこいいの概念も変わるから、昔が良くて今は駄目なんてことはないけど、諸先輩方が昔は良かったっていう気持ちが少し分かってきた気がします。

前回のブログでも書いたのですが、情報が溢れている時代、音楽もダウンロードが基本で、まさに僕も久しくCDなんか買っていない。

学生の時にタワレコとか行って、視聴できればするけど視聴出来ない時はCDジャケットがかっこいいかどうかだけでCD買って、聞いてみたら想像してたのと全然違う!みたいなこと良くありました。

その時はそれでがっかりしたこともあったけど、それが新しい出会いになったりもするから面白かった。

懐古主義はあんまり好きじゃないし、YOUTUBEとかでたくさんの情報得られる方が好みの音楽見つけやすかったりするけど、なんか特別感と言うか、友達同士の中で俺が見つけたぜみたいなのやるのが楽しかったんですよね。

 

こう言うこと書くやつダサいって思ってましたが、書いてしまいました。
ちゃんと年取ってるってことかな。では本題へ。

なんで音楽の話をしたかと言うとなぜならバンドTが入荷したからです。
しかも僕ら世代にドンズバなやつばかり。

ヴィンテージとかではなく、オフィシャルの復刻的なもの。
僕もヴィンテージ着たい派ではありますが、やっぱり秀逸なデザインを見ると古いとか新しいとか関係ないなって思う。

f:id:hynm_maiden_company:20190317174905j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20190317174921j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20190317174936j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20190317174953j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20190317175014j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20190317175031j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20190317175110j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20190317175146j:plain

f:id:hynm_maiden_company:20190317175202j:plain

何度も言いますが、デザインはオフィシャルなのでご安心を。
どのデザインも有名なのでご存知の方も多いんじゃないですかね。
僕もですがアラサー、アラフォーの皆さまの心にはがっちりフィットするバンドばかり。

最近高騰しているバンドTですが、こちらはお値段も良い感じです。

ボディはバラバラです。ギルダンとかその手のヤツです。ぶっちゃけボディなんてなんでも良いんです。デザインと青春の思い出にお金払うということで、僕もなんか買っちゃいそうです。

オンラインショップでもご覧いただけるので、詳細はこちらで。

サイズ大きめが多いので、直接見たいって方は是非ご覧ください。

 

平沢

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com